山仁コーポレーションの求人・採用ホームページ|神奈川県横浜市の不動産賃貸・売買、新築、リフォームなど各種建築工事設計施工

山仁コーポレーション 施工事例CONSTRUCTION CASE

  Y様邸蔵補修 外観

  •   Y様邸蔵補修 2階内部(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 小屋組(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 1階から天井を見上げる(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 吹き抜けから見た1階(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 1階団らんフロア(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 蔵内部入口(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 正面入口扉(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 キッチン廻り(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 躯体と屋根間の空間(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 階段(1)(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 階段(2)(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 トイレ手洗いカウンター(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 2階造作窓(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 正面入口(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 屋根鬼瓦(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 窓外観(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 外観(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 2階内部(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 小屋組(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 1階から天井を見上げる(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 吹き抜けから見た1階(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 1階団らんフロア(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 蔵内部入口(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 正面入口扉(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 キッチン廻り(thumb)
  •   Y様邸蔵補修 躯体と屋根間の空間(thumb)

Y様邸蔵補修

設計士 吉田 仁志 企画 吉田 仁志 施工 吉田 仁志
構造 木造軸組 階数 2階 主な特徴 ・既存を生かした蔵のリフォーム  ・無垢材へのこだわり

築100年超の蔵をリノベーション。

 

既存の構造躯体を生かしつつ、最新設備を取り入れることによって

日本の伝統・様式美と快適性が共存した、居心地のいい団らんの空間となりました。

 

熟練の職人によるカンナ掛けや人造研ぎ出しのキッチンなどの高い技術も見どころの1つとなっています。

外観

  Y様邸蔵補修 外観

本来の風情を損なうことのないよう素材選びを行った上、軽量で防錆性能が高いガルバリウム鋼板で屋根を葺き替え。軽い材料を屋根に使用することで、蔵本体への荷重負荷を軽減しました。

2階内部

  Y様邸蔵補修 2階内部

通常、縦手摺を設置するところをY様のこだわりで横格子にし、梁と合わせて横ラインが強調された造りにしました。手すり造作では、高い技術を持った大工のカンナ削りの技が発揮されています。奥に設けられた畳スペースは、訪れたご友人が横になって休憩できるように、とのY様の心遣いの空間です。

小屋組

  Y様邸蔵補修 小屋組

100年以上前に建築された当時の小屋組を既存のまま残しました。重厚な松の小屋梁は、今もなお松脂が染み出し、独自の風味を醸し出しています。

1階から天井を見上げる

  Y様邸蔵補修 1階から天井を見上げる

1階から吹き抜け越しに天井を見上げた図。2階吹き抜けの面積を大きくとることで、蔵の天井の低さを感じさせない造りになるよう工夫しました。既存木材の柔らかな色味とシーリングファンのコントラストが美しい対比を生み出しています。

吹き抜けから見た1階

  Y様邸蔵補修 吹き抜けから見た1階

2階吹き抜けより1階を眺める。内部も土足を想定したリフォームのため、フローリングは高強度でウッドデッキに多用される「イペ材」を使用しました。

1階団らんフロア

  Y様邸蔵補修 1階団らんフロア

1階の団らんスペースは、研ぎ出しのキッチンと無垢1枚板のテーブルが目を引きます。キッチンの壁面はキッチンパネルの代わりに木調タイルを使用し、アクセントウォール調に仕上げました。Y様のお爺様が手描きで作成されたという壁面の近隣古地図が、「和」のインテリアとしてこの空間により一層の趣を与えています。

蔵内部入口

  Y様邸蔵補修 蔵内部入口

元々は下レール付けの重量のある扉を上吊の引き戸に変更し、女性や子供の力でも軽々と開けられるようにしました。壁面は珪藻土仕上げ、腰壁には無垢のヒノキ材を使用しています。

正面入口扉

  Y様邸蔵補修 正面入口扉

縦格子の玄関引き戸は灰汁(あく)洗いの後、再取付。新たに京都の職人による戸先鎌錠を扉の横から埋め込みました。

キッチン廻り

  Y様邸蔵補修 キッチン廻り

熟練した職人による人造研ぎ出しのキッチンには、スワンネックのイタリア製水栓を取付。 構造上、通常の排気ダクトを設置することができないため、レンジフードは外部に排気をしないIH専用のフィルター式としました。

躯体と屋根間の空間

  Y様邸蔵補修 躯体と屋根間の空間

屋根組と小屋組を大谷石で分離した構造で、上から室内に入る太陽からの熱を軽減。屋根の隙間から見える大谷石がアクセントとなり、趣のある外観に仕上がっています。

階段(1)

  Y様邸蔵補修 階段(1)

キッチン側から見た階段。手すりを壁側のみにしたことで、抜け感のある空間を演出しました。

階段(2)

  Y様邸蔵補修 階段(2)

以前は入口扉の前に梯子がかかっていましたが、今回のリフォームでは廻り階段を設置しました。また、階段スペースを隅にしたことで、空間の有効活用ができるようになりました。

トイレ手洗いカウンター

  Y様邸蔵補修 トイレ手洗いカウンター

トイレの手洗いカウンターにはケヤキ無垢材の1枚板を使用し、陶器製の手洗い器を設置。水栓は和風の空間らしく、竹をイメージしています。

2階造作窓

  Y様邸蔵補修 2階造作窓

一本引きの窓を両開きに変更しました。鴨居・敷居は新規に造作し、和紙を挟んだ合わせガラスの窓をはめ込んでいます。

正面入口

  Y様邸蔵補修 正面入口

入口の外観は既存のままとし、しっくい壁の補修は左官仕上げを行いました。

屋根鬼瓦

  Y様邸蔵補修 屋根鬼瓦

鬼瓦の素材も屋根と同じくガルバリウム鋼板を使用。Y様の家紋も入れました。

窓外観

  Y様邸蔵補修 窓外観

かつては火災時に閉めることで、蔵の家財を炎から守る役割があったという窓。 傷みにより外壁が崩れたため、壁の中の小舞を新たに組直し、修復を行いました。

お問い合わせ・ご応募
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

PAGE TOP

ご連絡はコチラ電話をかける